スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんぐり倶楽部生活 親が体験する大切さ

先日 親もちゃんと解く という記事に
一日五問程度を目標にしていると書き やっていました。

そして その結果・・・ただ解くだけは すごく疲れます。気持ちが悪くなりました。
そういうことで 今は 2問程度にしています。
年長問題であるにもかかわらず・・・・
解けるんだからやれば良いということはないですね。
「やりすぎ」は こんなに嫌なものなんだなあ というのを実感しました。

私の気質なのかもしれないですが
つい脱線し、絵を丁寧に 可愛く描きたくなり、色を塗りたくなり
余計なものを書きたくなったりするのでした。
推奨されていることを まさにやりたくなるのです。
これが自然な状態なんだっていうのが分かります。
問題だけを解く 何問も続けて出来る っていうことの異常さが
実感できるんだなと思いました。
子どもが学校のテストに絵を描いたりしてくるのも同じことか?と思って思考中です。
うぬぬぬ・・・
やっぱり子どもに与えるものは 親も自分でやってみなければいけませんね。
子どもの状態を体験しないといけませんね。

楽しいどんぐり倶楽部のお絵かき算数も やり方次第では
こんなに楽しくない問題になってしまうのが良く分かりました。

過去ログにも 糸山先生のコメントで
「やりすぎはいけません」 とか 「お母さんもやってみましたか?」とありますが
「本当にやりすぎは いけませんよね」「やってみなくちゃ分かりませんよね」
と思ったのでした・・・

タータンは 週に1,2問程度お絵かき算数をするのですが
土曜日、日曜日と声をかけても 今日はやりたくない~ と言いますので
今週末はやっていません。その分よく遊んでいました。

先日の繰り上がり、繰り下がりは
毎日一問の筆算で マスターができたようです。
今は 九九と漢字を二個ずつ書いています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

我が家でも以前、公文の教材を1枚拝借し、子供と競走したことがあったな。なかなかやろうとしない宿題も、一緒にやると楽しそうで…
でも、確かつ詰まんなかった。何を隠そう、私も公文中退者です。我が家には向いてなかったようです。
お母さんも解いてみる。大事ですね。なかなかできないけど…
塾や、習い事の教室で、いい先生に当たると必ず、先生のオリジナルに出会います。同じ公文の教室で同じ教材を使っていてもプラスアルファがあるのとないのとでは全然違うのよね。学校も担任の先生次第で、同じ宿題を出されてもうんざりした顔でこなすのと、自分なりにプラスアルファしようとまで思うのと…(J坊です)
我が家の通っている個人のピアノの先生は二人とも生徒によって教材が違っているし、前の先生はあまりにも個性的すぎるY坊に先生もかなり頭を悩ませていたようで何冊も変えてくださって、おかげで今でも続けています。
どの塾や教室も通信教育やドリルもそれぞれ考えられて作ってあると思います。使い方次第なのかなって思います。

噂や評判に惑わされず、親が自分で感じることって大事だよね。
学校のことも…

~モモさん

公文・・・通っているお友だち結構居るんですが 話を聞いた段階で
、タータンには不向きというか通わせたら壊れそうだと感じたので 
体験会にも行っていないんです。
だから実際にどの程度のプリントなのか知らない。

並列すると不快にと思われる方もいるかもしれないけれど
どういう学習方法を選択するにしても
親がやってみて実感するのが一番確かだと思いました。

親自身の体感で確認するから
他の方からの批判や苦言にも対抗しうる覚悟が出来る ってことですよね。

「君子豹変」で良い、 覚悟 覚悟 と思っています。

親も悪戦苦闘し、いろいろ試したY坊ですが、今のところ、自分なりの目標が見つかったので、何に対しても前向きです。親のおしつけやおだて、ご褒美は一時しのぎだけど、自分の意志が加わるとこうも違うのか…って驚きます。まだ、始まったばかりですが・・・
でもね、結果が付いてこないと本人だって親だって気持がなえちゃいそうになるのよね。実際…
1月にお誕生日を迎えるY坊は毎年冬に伸びます。体の成長も生活態度も自分の意識も…だから、今、Y坊が一年で一番活躍する時期なんです。うれしいことに年々その時期が長くなっていると思うのは私の錯覚…!?

何よりも親が納得するのが一番ね。
私はいろんなものに翻弄され続けているけど、その都度、どれも考えて作られていることには間違いないなって思うのよね。

どんぐり倶楽部がタータンにはぴったりなのね。
うちの子はどうなんだろうな・・・
子供の感覚と私にかなりのずれがあるからな~

Re: タイトルなし

自分の目標が出来るってすごいことですよね!
親の意向を汲んだ目標じゃなくて 自分で設定した目標。
それが立てられるのって 成長した証ですよね。
Y坊 頑張ってね。

やっぱり自分で考えていけることが 絶対に大事だ と思うんです。

ところで タータンはカツオ君化し
可愛いチビギャングエイジに入ってきました。
全くなあ・・・と思うところもあるんだけど
おりこう、良い子 のままじゃなくて ああ 良かった~ と思っています。

非公開コメント

プロフィール

クラリス

Author:クラリス
家族みんな
美味しいものが好き
おうちご飯が大好き
作るコトが好き
どんぐり倶楽部生活中

★子どもに見せたいもの★
  満天の星空
  雨上がりの虹
  白砂に埋もれる貝殻
  熱帯魚の泳ぐさんご礁
  足元に寄ってくる小魚
  種の芽生え
  横を泳ぐイルカの目
  清流
  稲田
  老人の笑顔
  働いているパパ

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
WELCOME YISITOR
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。