スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繰り下がり習得 でも 授業中はできない!

先日書き込んだ「引き算の繰り下がり」マスターしました。
つまずいたときは 週末にお遊び勉強にすると 頭にすんなり入る。
つまずくたびに活用して行きたいと思っています

今日のさんすうノートを見てみたら
授業中に 教科書の問題を写し筆算をした痕跡が8問ほどあって
○と×が混在。
ちゃんと 登校前に獲得した目で見えるやり方を使った計算は ○
友だちから「変なやり方 そんなのおかしい」 と言われたので
全部頭の中でやろうとした計算は × 
途中でやりたくなくなって隣の子の答えを見て写した答えは全部○

先週は 全問○ おかしいと思って これどうしたの?と聞くと
「計算をして先生に指されて答えを言うとき 
 答が違うと 「ちがいま~す」と言われて すごくいやだ。
 遅くて出来てないのも 遅いって言われていやだ
 だから隣の子の答えを丸写しし自分では計算していない」
という状況だったので 少しは 改善。

何故 目に見えるやり方をしたがらないのか 了解しました。
何故 隣の子の答えを見てしまうのかも 分かりました。

じゃあ 今日の宿題分やってみる?と やらせてみると ちゃんと出来ている。
時間も遅くない。

お友だちの答えをみるのはちょっとやめてくれと思うけど・・・
君はこのペースで良いです・・・やり方(考え方)ちゃんと分かってるし・・・

「学校で答えたくなければ手を上げなくていいし、
 速さを みんなに合わせようとして 間違えるやり方で計算する必要もない。
 ちゃんとやり方がわかって計算をしているから 大丈夫。
 今指を使って分かるのは大事。 目で見えるようにするのが良いよ。」

とまたこの言葉の繰り返しとなってしまいました。

6年生になっても使うの?と聞かれたので
使いたい6年生は使うし もう使いたくないと思ったら使わない。
使いたいあいだは使って良いんだよ と話しました。

いやはやイマドキの早いリズムがしんどいのは分かりました。

今から 早くなんてとんでもないですから・・・
まだまだ ゆっくり考えなさい!

(6・24記事訂正)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クラリス

Author:クラリス
家族みんな
美味しいものが好き
おうちご飯が大好き
作るコトが好き
どんぐり倶楽部生活中

★子どもに見せたいもの★
  満天の星空
  雨上がりの虹
  白砂に埋もれる貝殻
  熱帯魚の泳ぐさんご礁
  足元に寄ってくる小魚
  種の芽生え
  横を泳ぐイルカの目
  清流
  稲田
  老人の笑顔
  働いているパパ

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
WELCOME YISITOR
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。