スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学受験?

タータンに受験させる気は 全くないのですが
万が一 高学年になり突然 受験したい と言われたら
何をすべきかは知っておきたい と思い借りてみました。

中学受験をまじめに考える本中学受験をまじめに考える本
(2002/04)
小宮山 博仁

商品詳細を見る


まえがきは この文から始まります。
「 この本は無条件に中学受験を勧めるのではありません。
  私立や国立の中学受験を一度でも考えたことがある人、
  これから何となく考えようと思っている人、
  中学受験に夢中な人、
  そして中学受験に批判的な人達にも読んでいただきたい内容になっています。」

私は この1番目と4番目の人にあたりますが
今回この本を読んでみて すっきりとしました。

この本がオススメなのは 中学受験を「子ども」を中心に考えているからで
当たり前のようでいて見落としがちなこの視点にぶれがなくて
真剣に中学受験を考える方には必見なんじゃないかな と思いました。

下校後 教科書には出てこない内容の勉強を1日3~4時間
365日2年以上必要となる中学受験。

子どもの特性、受験に向き不向きのチェック、
大学進学を念頭に置いた上での私学(国立)の中学の実態
予備校の実態、 それでも 我が子に受験をさせたいtなら こういう方法で 
そこまで掲載があります。

タータンに中学受験をさせない理由は いろいろとあるんですが
あえていうなら 身の丈にあった生活をしてほしいから になる気がします。
12歳として世の中の常識や付き合い方と並行して学業成績も伸ばしてほしい。
タータンの性格から考えても 勝負は高校受験でいいな と思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

私も同じ時期にこういう本を手にしたことあります。
周りに流されちゃいけないと思いつつ、受験をしない子の居場所を確保するのも結構大変だなっていうのも実感しました。
公立中学の現状も気になったし…
でも、最終的には本人が燃え尽きないようにすることが大事だと思います。
私自身はどちらがいいとは思わない。やはり私立の良さもわかるし、中学受験は親の意向が強いだろうしね。経済的な負担もあるし。今は私立に行っても結局塾も必要な場合が多いみたいだし…

自分自身の考えは兎も角 
現状 何がどうなのか全然わからないので
惑わされないように 読んでおこうと思いました。

ゆとり教育から方針転換された今 
また状況は違ってきていると思いますが 
基本は同じだと思うので とても参考になりました。

・・・・・ 受験を支える家族はすごいと思います。
うちは 父母共に 力不足です(苦笑)
非公開コメント

プロフィール

クラリス

Author:クラリス
家族みんな
美味しいものが好き
おうちご飯が大好き
作るコトが好き
どんぐり倶楽部生活中

★子どもに見せたいもの★
  満天の星空
  雨上がりの虹
  白砂に埋もれる貝殻
  熱帯魚の泳ぐさんご礁
  足元に寄ってくる小魚
  種の芽生え
  横を泳ぐイルカの目
  清流
  稲田
  老人の笑顔
  働いているパパ

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
WELCOME YISITOR
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。