スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春映画 「ひゃくはち」 !

パパが借りてきてくれた映画

ひゃくはち プレミアム・エディション [DVD]ひゃくはち プレミアム・エディション [DVD]
(2009/01/23)
斎藤嘉樹中村 蒼

商品詳細を見る


万年補欠でベンチを暖めている高校野球児の青春を描いた作品です。

私は 音楽系の部活漬け青春を送っていたので
体育会系の部活の青春は懐かしいということはないんですが
そういえば ラグビー部男子や陸上部の友達がいたなあと
高校生活を思い出しました。 男の子くさい良い映画だと思いました。

どんなに頑張っても必ず報われるなんてことはないんですから
厳しいですよね。

不謹慎だけど喜べ! そういう気持ちよく判るなあ・・・

タータンは 10年後にどんな青春を送るのかな~
いいなあ 青春時代かあ~
うれしいことも 悲しいことも沢山あって 
ここまで大人になりきってしまうと
当時の自分の言動を 思い出すたびに
なんであんなことを・・・ああああ 穴がいくつあっても足りない!
昔のことを知っている人には会いたくない! と反省することの多い青春。

でも やっぱり 通り抜けて大人になって良かった! ね!




スポンサーサイト

コメントの投稿

NO TITLE

面白そう!!
頑張っても報われないことってよくあることなのに、誰も教えてくれないよね!

青春時代か…後悔先に立たずでしたね…
私も穴が足りない…
私は破目を外せない人だったので今から青春を謳歌するんだ!!
ってつい先日決めたところ!!

うちの子たちはどうなるんだろう…
不安もあるけど、おおらかに過ごしてほしいな…でも、自分が変わらねば…まずはもう少し子供を信用しなくちゃね…

NO TITLE

なんの本だったか忘れてしまったけど、
「人は成長に合わせて、その時にするべきことを満足いくまでしていないと、大人と言われる年齢になっても、大人になりきれない人になってしまう。」
というような話を読んだことがあります。

幼児期にはママに甘える。
子供時代はとにかく遊ぶ。
青春時代には、恋もして。
勉強も部活も頑張って。

その時々で欲求を満たしていけば、自信のみなぎる強い社会人になれる。
社会の荒波なんて何のその~!
ってことなのかな。

ほんと自分の子供にも、多少羽目をはずしても、青春を謳歌して欲しいわ~。
私は青春時代、もっと遊べばよかったかも~。(笑)

~ aomama さん

そうそう その通り。
その年代ですべきこをはあるのよね 無理な背伸びはいらないですよね。

私は 上下関係に疲れる中学を卒業して
(比較的無難なところに居ましたけど)
高校入学からあと青春時代謳歌しましたねえ・・・楽しかったです!


~ モモさん

そうなの。
努力しても頑張っても報われるとは限らない。
でも 良くわからないけど 頑張る! っていう気持ち があるでしょ、

報われる結果が一番大事なんじゃなくて
「そのときもうこれ以上出来ないくらい頑張ったことがある」ってことが
実は自分の宝になるんだって分かるといいなと思います。
それくらいやりたいことが見つかると嬉しいですね。

いつだって青春! って言ってた方も居ましたよね~
いつだって成長! なのかも?

子供をのびのび育てる!
難しいけどやっぱり親のおおらかさが大きいよね・・・・
でも、その見極めが難しい・・・一歩間違えたら放任になっちゃうし…
子供の行動について回っているわけじゃないので子供の言うことをどこまで信用したらいいのか…
そうはいっても将来を考えないわけにはいかないのですべきことはさせなきゃって、変なところで親の義務感も感じちゃうし…

今の子供達が思いっきり遊ぶには制約が多すぎて…
しかも、青春時代の恋の仕方も私たちの時代とは違ってきているし、勉強や部活をがんばる欲求が出てくれればいいんだけど…・
とにかく何かに打ち込む姿がみたいです。でも、カードゲームに打ち込まれてもね…
とマイナスに走ってしまう私。まだまだ子供を信じ切れてないのが現実。

でも、親に従順に育つと大人になって苦労するなってホントに思います。親に従順だから悪いんじゃなく、大人になれないわけじゃないけど、自分の意思を主張するのが下手な大人に育つかもしれないです。私自身も含め私の周りを見て、最近感じたことです。

それにしても最近の私、子供をつぶしている気が…幼稚園の庭で心を洗ってもらわなきゃ…

~モモさん

私は 親以外の親戚一同の期待が大きくて
それに反抗した子どもだったので
親に対してはかなり言いたいことを言わせてもらったと思います。
そんな私 小学校高学年になる前は 従順な良い子でした。

幼い思考のわがままな主張で 必ず論破されるんだけど
いつも最後まで聞いてくれたことには すごく感謝しています。

青春一歩手前から始まる
10歳過ぎくらいからの主張を 私 受け止めてあげられるかなあ・・・

私自身は思春期に発散しきれていないところもあり、今、ちょっともやもやしたところもありますが、でも、それも私の性格なので…
ただ、そんな私の遺伝子を持った子供達。当然思春期にはいろいろぶつけるところも出てくるでしょう。いや、ぶつけてほしいです。ただ、そのときに私ははたして対処できるんだろうか…今、すでに摩擦状態。このままだといつ発火するかわからないし…

以前、幼稚園ママの飲み会の席で、あるお母様が「子どもが思春期にぐれるのは当たり前!」とさらっと話してたのがずっと引っかかっていて、ぐれたから悪いんじゃいことくらいはわかるけど、それって幸せなことなの?ってずっと引っかかっています。思春期に反抗心が芽生えるのは当然のこと。今、反抗期のない子供が増えていてその方が社会的に問題だと雑誌に書いてありました。全くその通りだと思います。でも、反抗心を持つのとぐれるのは違うと思うんです。
そんなこんなで、わが子がいわゆるぐれた存在になったとき(すでにいじけた性格になってますが)どんなことがしてあげられるのかな?どう導くことができるのかな?
まずは、自信をつけさせてあげること。わかってはいるけど、思春期に間に合うかどうかわからないのも現実。

話をしやすい環境、話を聞きやすい環境…わかってはいるんだけどね…今は、成長を願いつつ、大きくならないで!ってムギュッするのが精一杯。

~モモさんへ

モモさんにムギュってしてもらえて ムギュを嫌がらないY坊とJ坊が
「ぐれる」とは思えないわ(笑)。
「ぐれる」のは そうすることで
親に心配をさせて愛情確認したいということでしょう。
Y坊もJ坊も 反抗はすると思うけど それって「ぐれる」のとは違うと思います。
もしかしたら その方も 「親や世の中への反抗」っていう意味で
使った言葉なのかもしれないですよね。

「からくりからくさ」に
  同じところに住んで同じものを食べているといつの間にか 
  考えていることが同じになってくる。 
というような一文がありましたけど、
モモさんが作る手料理を食べているY坊とJ坊なら ぐれない。
そう思います。 

非公開コメント

プロフィール

クラリス

Author:クラリス
家族みんな
美味しいものが好き
おうちご飯が大好き
作るコトが好き
どんぐり倶楽部生活中

★子どもに見せたいもの★
  満天の星空
  雨上がりの虹
  白砂に埋もれる貝殻
  熱帯魚の泳ぐさんご礁
  足元に寄ってくる小魚
  種の芽生え
  横を泳ぐイルカの目
  清流
  稲田
  老人の笑顔
  働いているパパ

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
WELCOME YISITOR
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。