スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教科書を買う 

教科書を買いました。 小学校2年生 「こくご 上」 「さんすう 上」。
2年生 教科書

おかあさん用です。
2年生教科書2

近くの書店に問い合わせたら
「取り寄せ可能」と言われたので注文しました。
教科書は 発売日の前倒しや予約もできないそうで
下巻は また後期に注文を入れる予定です。

小学校の授業内で
どれだけのことを覚えるように言われてくるのか
どういう風に教えられるのか 分かっておこうかなと思いました。
子どものを借りて読んでもいいんですが
時間割! とか 宿題!などという絡みもあるため
ママ用の参考書として欲しかったのです。

出来なかった問題は これに印をつけておいて
後日 切ってノートにしようと思っています。
3年生になってからやってみれば多分出来るでしょう。
あれなんでこんなのが分からなかったのかあっていうのも
面白いのではないかな・・・出来るようになったっていう自信もつくだろうし。

自分の子どもの特質、学校、先生、同組のお友達の様子にもよるだろうけど
丁寧に読みこめれば理解可能な内容なんだ と改めて思いました。

うちの子に「丁寧に取り組む」っていう態度が身につけばいいんだなあ 

少しずつ出来るようになると 良いのですがね・・・
阻害しているのは 私の罵声と怒声ですね・・・ きっと・・・(苦笑)



スポンサーサイト

コメントの投稿

NO TITLE

素晴らしい!さすが!!
こんな発想なかったわ!昔、教科書ガイドってあったよね。
でも、私、勉強しない人だったからな…

今の学校って難しいなってホントに思います。
私の時代、環境には、親が子供の勉強や宿題を面倒見るなんてありませんでした。
まあ、差がついていることもあっただろうけど、それはそれなりに…って感じでした。でも、都会だと、居場所がなくなるのよね…

我が家にも丁寧に…なんてありえません。
特に上の子には叱咤激励ではなく叱咤ばかりで・・・・自分でもわかってはいるけどそうそう付き合いきれないのが現実。

下の子の担任は宿題も結構出してくれるんだけど、丸つけはママの仕事。めんどくさいという方もいるけど、普段ほったらかしの私には子供の様子を知るいい機会。ありがたいです。

~モモさん

大人になってちゃんと読むと全然難しくないのよね~
何が違うのかって思うと
 子どものころは雑だった 大人になって丁寧になった
そこだけで・・・

教科書って ちゃんと出来ているんだなと思いました。
特に低学年の分は 教科書に沿って考えられれば
身につくようになっているようです。
さんすう の教科書も ちゃんと読みこめれば理解できる。
数字の操作というよりも 国語力だって感じました。

タータンには これを自分のペースで読む時間が必要だと思っています。
読みながら染み込んでいくのは それぞれペースがあるからね~

親は 叱咤をへらさないとね(苦笑)

NO TITLE

一番は何より国語力!!

すごく昔に金八先生ですべての基本は国語力だってことをドラマの中でやっていて「なるほど!」ってものすごくうなずいたことがあるんです。
国語はもちろん、算数も理科も社会も英語も日本語が理解できないと理解できないって…
国語担当の金八先生が責められてて…
でも、そりゃそうだって思って、じゃあ、国語力はどう身につける?
結局、コミュニケーションにたどりつくんだけど、我が家のように核家族、親戚は遠い、母子家庭時間の長い家族にとっては厳しい現実なんです。(私の性格もあるけど)友だちももちろんなんだけど、やっぱり正しい日本語を使う相手を持たなきゃね。
私も一時期このことにすごく悩んだけど、相手の話に興味がないとやっぱり難しい。書いている内容に興味がないと大変…ってことに行きつきました。単純なんだけど。大人もそうよね。
低学年の内容は、御手伝いで十分身につくし、勉強という時間が嫌なら無理強いは逆効果…だと今更思ってます。

Y坊で言うと、学校で友達関係が楽しくなり、先生とも心が通じ合って自信がついたころにようやく教科書や授業の内容を追っていけるようになる気がします。自信がついたら、ライバル心も芽生えてやるぞ!って気にもなるみたいだし。なので、新学期の今はまだ落ち着かず、まだ、たぶん授業にはついていっていない時期…後半伸びるかどうかは担任とか友だちとの相性が大きいです。彼は学期末、学年末にやる気を出すタイプです。

J坊に関しては、とにかくまじめで先生の話は聞かなきゃの気持ちで聞いてくるので理解しているように見えますが、彼は、少し先生との距離が遠いのよね。たぶん…だから真面目な割に抜けていたり、やたらに緊張ばかりしていて…ホントは家庭で存分にリラックスするのがいいんだけど、そうもいかない現実もあってね。

タータンはママとパパやおばさん、いとこ、お爺ちゃんおばあちゃんとの会話が十分なので、伸びるときにグーンと伸びると思うよ!

話がそれたけど、教科書を親子で一緒に読む習慣は絶対に伸びると思うよ!我が家には余力ないので無理ですが、経過教えて下さい。
非公開コメント

プロフィール

クラリス

Author:クラリス
家族みんな
美味しいものが好き
おうちご飯が大好き
作るコトが好き
どんぐり倶楽部生活中

★子どもに見せたいもの★
  満天の星空
  雨上がりの虹
  白砂に埋もれる貝殻
  熱帯魚の泳ぐさんご礁
  足元に寄ってくる小魚
  種の芽生え
  横を泳ぐイルカの目
  清流
  稲田
  老人の笑顔
  働いているパパ

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
WELCOME YISITOR
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。