スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合間の読書 

今図書館から借りてきて読んでいるのはこんな本。
女らしくない本?かもしれませんが・・・

読書

まだ読みかけです・・・
「容疑者ケインズ」は父の所に通う電車の中で
「東西思想の根底にあるもの」は 寝る前の睡眠薬代わりです。
こんな風にいいからさあ 読んでごらんよお~といえるほど
読み込む読書をしないので どうもこうもお話しなんてできませんが
でも どれも 私にはとても面白いです。
へえ こんな風に考えるのか とか
公表されるデータはこういうからくりもあるのか とか
宗教という哲学の持つ意味などが再認識できたりして
毎日の生活や会話のなかで話題になるものではないけれど
「自分」の真中に落ちていく何かがあって こういう本は とても好きです。

読書には 波があって 
小説ばかり読むときと 実用書ばかり読むときがあるし
一人の作家ばかり 
たとえば 浅田次郎さんとか 奥田英朗さんとか 
ず~っと読み続けていることもあります。

ノンフィクションでは
落ちこぼれてエベレスト (集英社文庫)落ちこぼれてエベレスト (集英社文庫)
(2003/01)
野口 健

商品詳細を見る

アルピニスト野口健さんの自伝を読みました。
過酷な登山のこと、自身が登山家になった経緯、
植村さんのこと、尊敬する先輩の登山家の方のことなどを
淡々とつづられています。想像以上に過酷です・・・びっくりでした・・・
淡々と・・・と感じたのは この中のどの場面も
小説になったら こんな風に書かれることはないだろうと感じたからで 
自伝やノンフィクションは かなり感情を割り引いた文章になるんだな
そんなことを思いながら読んでいました

小説という技法を通すと もっと表現が細やかに豊かになっていって
それが題材を見つけた作家が作品として仕上げていく技量なんだな
と気が付いたのでした・・・

どんなジャンルの本でも心の栄養剤。
やはり読書は大好きです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クラリス

Author:クラリス
家族みんな
美味しいものが好き
おうちご飯が大好き
作るコトが好き
どんぐり倶楽部生活中

★子どもに見せたいもの★
  満天の星空
  雨上がりの虹
  白砂に埋もれる貝殻
  熱帯魚の泳ぐさんご礁
  足元に寄ってくる小魚
  種の芽生え
  横を泳ぐイルカの目
  清流
  稲田
  老人の笑顔
  働いているパパ

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
WELCOME YISITOR
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。