スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独り言の整理(今DSを買ってあげない理由)

自宅にゲーム機がある方が
この記事を読まれて 不愉快になったり 失礼があったら
どうぞ 御容赦を・・・

タータンに 「どうして うちは ゲーム機を買ってくれないの?」と聞かれたら
話そうと思っている独り言を 整理しておきたいので・・・載せておきます。

大きな 3つの理由

1.実体験を沢山つんで欲しいから 
  = 大人が作ったバーチャル世界を 
    「楽しい・可愛い・すばらしい」と感じる感性 が欲しくないから
  = 思い通りにならない時、安易にリセット出来る遊びで 創造性がないから
  
  機械化、バーチャル化するにつれ
  人類の底力・能力が退化しているように見える。
  自分がしなくても良いことが増え
  その結果 「しない」 ではなく 「できない」 ことが多くなった。
  本来持っているはずの
  手わざ、足わざ、想像力や思考力、感受性や共鳴できる心を維持できるように
  バーチャルな世界に入る時期は なるべく遅くしたい。 
  
  「つ」 のつく子供は まだ翼がある天使の状態で地に足が着いていない。
  「今」 「ここに」 「いる」 ことを 実感し、自覚出来るように
  体感(5感)を 使って遊ぶことが大切だと思う。
  バーチャル世界で遊ぶ時間が増えることは
  広く大きく 危険で、思い通りにならない この「実世界」の中に 在る
  人間の小ささ・心の大きさ を 自力で理解する時間を 削ってしまう。

2、小学生としてのリズムが整っていないから。  
  次の日の用意をする、宿題をする、外遊びに行く、睡眠など、
  毎日することのリズムが不安定 なのにゲーム機?不可です。
 
3、1,2、の理由により 
  今 我が家に ゲーム機が来たら ストレスになって
  おかあさんが いつも プリプリママになることが予想されるから

ちゃんと管理できれば・遊ぶ時間を守れれば 与えても良い とは思うけれど  
そもそも 「親の管理が必要なおもちゃなんて欲しくないなあ~」
と思ったりしています~
スポンサーサイト

コメントの投稿

拍手喝采!!
こんなにていねいにストレートに納得のいく回答がここにあって私はうれしい!!
まさにそれです。
Y坊で血迷い、ただゲーム機を与えないが精一杯だった私。可哀そうなことしたなって思います。
でも、なくてよかったな!って事もホントにたくさんあります。
ホントは、ないなりの対策、休日にはアウトドアに連れ出す、舞台や音楽会など文化活動に触れさせる…など理想はあるけど、こなせない現実があり、結局親子とも消化不良の我が家。
それでも、今のところ、毎日ムギュッとできる関係が続いてます。
いじけているのと反感とで、親が与えることにはまず拒否反応を示すわが子を見ると悪循環を感じざるを得ないけど、でも、与えることで失われることが私の頭の中にいつも渦巻いてます。
最終的には、これ以上ぷりぷり母さんやりたくないのが本音かもね…

イライラしたくないから(笑)

そう!これ以上イライラの種を増やしたくないの!
わたし 冷静に管理できるような人間ではないから
親の管理が必要なおもちゃは欲しくないの!

他に気を配りたいことが一杯あるのに困ります・・・

ああやって公園なんかで、
くだらない(大人から見れば一見意味のない、でもメチャクチャ楽しい)遊びに夢中になっている子供を見るのは、ほんと心和むね。
「暗くなっちゃったけどこのまま飽きるまで遊ばせてあげたい!」って思うような遊び、いっぱいしてほしいね。

子どもにしか分からない不思議な楽しさ

そうなのよね~
大人からみて 何やってるんだろうねえ っていう遊びこそが
子どもの遊びなんでしょうね。それが必要だと思うのよね。
ちょっとした冒険や水溜りに入って長靴の中までぐちゃぐちゃにしてくるとか
木登りして降りられなくて泣く とか 順番決めでもめるとかねえ・・・

ちょっと入れてもらえなくても ちょっと嫌なことがあっても
「遊びたい」から公園に行こう~って思える気持ち
ケンカした子が来たけど また一緒に遊ぼうよ~って言えるエネルギー。
それがあるんだっていうことを 自分で分かっていって欲しいなあと思う。

親が「大丈夫!}って言ってあげることも必要。
何よもり ちいさい壁を自力で一つずつ越えて
その人なりの大人になって欲しいです~

グランパパ

ちょっと関係ないんだけど、最近芸能ニュースで津川雅彦さんが出てくるよね
津川雅彦と言えば「グランパパ」
昔、大好きで大人なのにふら~ってよく立ち寄りました。
一時は大盛況だったおのお店も経営が不振で、結果、ごたごたを招いています。
なぜ、この話をするかというと、久々に思いだしてグランパパのHPを開いて見て、いいな!って思ったの。
自分が育児を始めたころにはすっかり忘れていたのと、価格が高く、縁がなかったのですが、今、じっくり眺めてみると、ホントに子供のことを考えているんだなって思います。
最近はネットショップが便利なので木のおもちゃなどもネットで少しでも安いところで買います。でも、グランパパが世の中に広めた物も多いだろうなって思います。それなのに、マスコミにあんな風な伝えられ方をして気の毒だなって思いました。
津川雅彦さんがグランパパを通して伝えたかったことが、ゲーム機を敬遠する私に伝わってきました。
もっとも、私はふらふらしていて脱線続きですが・・・

グランパパ懐かしいです~
仕事をしていたころ 新宿の小田急にお店があって
帰宅途中にふらっと寄ってみてました。
子どもが生まれることになった時には 転職もして
新宿勤務じゃなくなって もう 縁遠くなっちゃったけど 良いお店だった。
たしかに パイオニアだったね。 お店 存続できるといいですね!
非公開コメント

プロフィール

クラリス

Author:クラリス
家族みんな
美味しいものが好き
おうちご飯が大好き
作るコトが好き
どんぐり倶楽部生活中

★子どもに見せたいもの★
  満天の星空
  雨上がりの虹
  白砂に埋もれる貝殻
  熱帯魚の泳ぐさんご礁
  足元に寄ってくる小魚
  種の芽生え
  横を泳ぐイルカの目
  清流
  稲田
  老人の笑顔
  働いているパパ

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
WELCOME YISITOR
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。