スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縄編みのバッグを編みながら DSを考える・・・

ようやく私用のバッグを編み始めました。
早く編まないと使えるのは来シーズンになる!!と
自分にプレッシャーをかけつつ編んでいます。
まだ はじめたばかりで この位・・・

バッグを編む

私 今日はもう夢の中のはずが・・・・

寝る前 突然 タータン分身の人形たちが
「クリスマスにもお誕生日にもプレゼントこなかったよ!
 DSが欲しい! テレビのゲームが欲しい!」と 
私に言い出して 人形が体当たりしてきました
(もちろん タータンが擬似的にやっているんです・・)。

どうやら 学校で 
DS持ってる人~
持ってる子はうちに遊びに来ていいけど持っていない子は駄目~
というような やりとりがあった様子。
言った子のおうちに行きたかったのかもしれません。

全て 人形の世界での話として 私に語りつくしていました。 
「学校でそんなことがあったら とっても嫌だなあって思うよねえ
 ヤッホ も たいへんだよねえ 」 と言ったら  
目を閉じて寝てしまいました。言って寝られるんだから 良いです。
でも私は目が覚めてしまった(苦笑)。

気にしても しょうがないですが 来た!来た!って感じです。
買うなら Wii になると思うけど、全然 買いたくない。 
家の中にゲーム機・・・欲しくないなあ ううう 苦痛・・・
時期が来たら 買うのかなあ・・・
パパもママも ゲームがそれほど好きじゃないのでね 欲しくない・・・
困ったな・・・

6、7歳児が友達関係を作っていくためにゲーム機が必要・・・
いいのかなあ こんなことで・・・この子たちは これでいいのかな・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

とうとう来ちゃったのね…
今はたーたんが一番つらい…
でも、そのうちママはもっとつらくなるのよね…

うちは少しはましになったけど、内心を隠すようになったのかと時々不安にもなるのよね。

今は、貸してくれる友達も増えて、そういう子を見つけてくる天才的才能を発揮してますが…
うちの場合は、カードに走らせ、そちらでも大変。
ゲーム機の方がいいのでは?とも思うくらい…
でも、あとのまつり…

ゆっくり話したいよね!
親世代も家にゲーム機のあった世代が増えているから…
ゲーム機のない家庭に育った私には不安があって…
しかも、うちはたぶんパパもママもパソコンもゲームも嫌いじゃないと思う。だからよけいに不安もあって…
とりあえず、家庭内にない環境なので、Y坊のカードゲームは問題ありだけど、それ以外は家族で楽しんでます。
将棋を楽しめるようになったはいいが、母が一番弱くて悔しい!!!J坊は常にひとり将棋やっていて、おやじの背中になっているよ!

タータンにもついに・・・。
ほんと悩ましいね。
前ちょっと話したけど、うちに来た子がうちでDSをやっていたって言ったよね。その時は、結局いつものように楽しそうな遊びには発展しないんだよね。ゲームを睨んでおしまい。っていう感じで。
幸いそれ以降は無いのでホッとしてるけど、きっとお友達の家ではやらせてもらってると思う。そのくらいはいいと私は思ってるんだけどね。
「持ってない子は来ちゃ駄目!」
って方向に行っちゃうのが辛いね。
「ゲームなしでも遊べる子と遊びなさい!」
と強く言いたいところだけどね。
なかなか難しい。

モモさん ・ aomama さん へ

お二人とも 悩む気持ちをシェアーしてくれてありがとう~

ゲーム機を
幼稚園児や小学校低学年児に許可しているお母さんにとっては
「そんなに目くじら立てることじゃない」
「持ってない子に限って貸してあげるとずっとゲームをやってる」等々
ご意見はたくさんあって ごもっともだと 思います。
それでもなお 
また、友達が持っているものや 新しいもの 珍しいものを欲しがるのは
子どもとして当たり前だよね と思っているのだけれども・・・

この年齢の子どもたちが 日々行って経験していることのなかで
一番楽しくて、一番好きで、一番友達とやりたいことがゲーム ということ。
こんな世界を 与えていいんだろうかと ????? になってしまう・・・

自分の子どもの 今を守るために、
そして成人してから 子どもが自分で独力で生き抜いていけように育てるために、
日々選択が続きます・・
正解はないだけに 面白くもあり 辛くもあり ・・・ ふう・・・

指針は
わが子は可愛い! この子が幸せに育ちますように!
この子たちの未来がみんなで幸せを分かち合える世界でありますように!
ってことですね・・・

タータンの家での生活を見ている限りは大丈夫だよ!
ゲーム持たない仲間でがんばろ!
くじけても大丈夫!
それも与え方次第なんだから…
私が強情張っているのは自分に自信がないから…
そして、探せばまだまだゲーム与えない仲間もいるから…
カードの世界も複雑ですが、一人ではつまらないというところは私には救われてるかな?(心配も多いけど)
無理やりカードの相手をさせられるJ坊は気の毒だけど…
お金はカードの方がかかっている…
トラブルも経験しました…

親がまだ子供なのでこんなことになるの…
私が、親として確立されていなかったわ…

同じ考えを持つ仲間って心強い!

ありがとう~
タータンには 爺や婆にやらせてもらうという逃げ場もないし、
うちは厳しすぎるのかと思わされることもあるのよね。

タータンがやりたそうなそぶりを見せるたびに
「おかあさんは、ゲーム機の前でゲームをやっている姿は好きじゃない」
「ゲームの中の世界を楽しむのは、自分で
いろいろな実際の経験をしてからにしてほしい」と話している毎日です。
「パパと二人で行って来て!」という時 「3人で行きたい!」と言われれば
そういう些細な要求は、出来る限りかなえてあげるということで 
バランスをとっている気がします・・・

今回、パパママとしては 低学年にゲーム機はいらない!ということで一致。
パパはゲームをしない人なので かなり強い壁 なんです。

一つ思い出した…
私がゲームにこだわるのは、Y坊の育児で、ビデオを見せすぎたなって後悔がものすごくあって…
今度は後悔したくないなって気持ちも強いのよね。

最近「ゲームを持ってない」っていう話をゲームを持ってる子供の親御さんとすると「そのまま持たない主義を通して」って言われることが多いのよね。
ゲームのない我が家にもお友達が来てくれるようになってうれしいの。ゲーム機を持ってくる子も多いけどね。以前は、「なんでこの家ゲームないの?買えばいいじゃん」って平気で言う子もいたりして、そうすると、うちの子なんかはうちが貧乏だからだと思い込んだり…そうじゃないことが伝わるのに時間がかかったわ!

またまた甥っ子の話だけど、甥っ子の友達が「この家にはゲームがない代わりにいろんなことして遊べるなあ」って言って楽しみにしてる話なんかを聞くと、もう一息頑張れば…って思っちゃいます。

なるほどね・・・

モモさんの強い気持ちが、
ゲームなしの家庭を維持しているところがすごい・・・
子どもだけじゃなくて 親も傷つきそうな発言を多々聞く機会があると
悲しいなあと思うけど、自分が自分を信じていける方向で
子育てをしていきたいのよね~

勇気がわく お話し ありがとう~ うれしいです!!
非公開コメント

プロフィール

クラリス

Author:クラリス
家族みんな
美味しいものが好き
おうちご飯が大好き
作るコトが好き
どんぐり倶楽部生活中

★子どもに見せたいもの★
  満天の星空
  雨上がりの虹
  白砂に埋もれる貝殻
  熱帯魚の泳ぐさんご礁
  足元に寄ってくる小魚
  種の芽生え
  横を泳ぐイルカの目
  清流
  稲田
  老人の笑顔
  働いているパパ

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
WELCOME YISITOR
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。