スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしゃれ工房・エコアンダリアで編む帽子

NHKおしゃれ工房5月号掲載の
「かぎ針編みでラフィア風の帽子」を編みました。
ラフィア風の帽子

ハマナカエコアンダリアを使い 編み図通りで
指定6号針のところ5号針で編んでいます。

いつもゲージ通りに大体編めるので そのまま6号で編み始めましたが
何故かアンダリアだとすごくゆるく編めてしまい
サイドまで編み終わってかぶってみたら すごくゆるゆるで・・・
全部ほどいて 5号針で編みなおしました。

写真の完成品も やり直しの緊張感があるトップと
エコアンダリアのシャラシャラ感に慣れたブリムでは
編み加減が全然違うので ちょっと締まりがない仕上がりですが
かぶってみたら この・・・だらあ・・・っとした感じも
受け入れられる程度なので これにて終了します。
半玉くらいあまってしまいましたが ラッピングに使ってもいいし、
夏用に 小さい小銭入れでも編んじゃおうかなと思っています。

つば広の帽子が 編みたかったので とても満足しています~

(追記1) 今日(6月30日)被ってみて
       トップの様子がどうしても気になるので
       編みなおすことにしました。
       別記事にするか・・・また追記します。

(追記2) 今日(7月5日)完成
      上記の写真だと良く分からないと思いますが
      トップが丸くとんがった形に編みあがっていたのです。
      記事にしたとおり 最初がきつきつ
      そしてどんどん緩くなってしまった結果だと思います。
      頭の形に合えばこのままでもいいかなあ と思って
      最初の記事を書き込みましたが 翌日やっぱり直したくなり
      編みなおした次第です(苦笑)。
      夫の頭の形にはぴったりだったのに・・・ 
      でも・・・このスタイルはどう見ても女性用・・・
     
      お直しの回は 逆に最初は少し緩い気分で ブリムはきつめです。
      そういう気持ちで編んで 写真通りのラインになりました。
      この方が 満足できる被り心地。  
      思い切って 全部ほどいて直してよかったです。
 
      この夏 ピーカンの日はこの帽子でおでかけ!
      サングラスも購入し、夏気分になってきました~


      
スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

どんぐり倶楽部生活  ママも絵を描く

今月は 繰り上がり繰り下がりのマスターで疲れてしまったタータン。

土曜日に お絵かき算数ならやろうかなあ というので
リハビリも兼ねて やりやすそうな問題にしました。

<0MX53>

楽しい絵を書く 時間。今日からは 画用紙に描くことにしました。

隣に座って 「お母さんも一緒にやろうっと・・・」
上たタータンの絵、下がママの絵。
0MX53 タータン
0MX53 ママ
 
タータンは 右半分描いて止まってしまい「出来たよ!!」というのですが・・・
「全部でいくつ」 がない。
おかあさんは こう描くなあ と書いていったら
あ!そうか!と言って 左半分を書いていました。
おやおや・・・・見えたのかな?

週一回 月にして4問できるかどうかの タータンです。

今回 ママの気もちは 楽しく絵を描こう でした。
計算も最後にするんだけど 
文章を素敵な絵にしよう と思ってはじめました。

途中 げんごろうくんの衣装など わき道に逸れて凝りたくなるし
タンポポも 黄色なんだけど 黄色じゃちょっと可愛くないから
オレンジやピンクも使おうと思ったり・・・
絵を楽しく描く! っていうのは わき道にそれるという体験をしました。
私が楽しそうなので 終わったはずのタータンも続けてしまい
あ! そうか! という言葉になったようでした。

私に余裕のある土曜日の午前中しかできないけれど
一緒に描くのは すごく良い事だなと感じました。
一緒にっていうことだけでも すごく喜びます・・・
おんなじものを描いているというのも うれしいし 楽しいんですよね。
怒ったり叱ったりするときって 親の側が 子どもを理解できず 
「なんでそうなの!!」という気持ちがあるように思うのですが、
このやり方だと タータンが どこで躓いているのか
良く分かるので 理解でき、 叱る必要性がなくなります。
お絵かき算数の良いところは ここにもあるって思っています。


ところで タータンは 今 勉強より何より 野球! 

下校したタータン 野球したいからお出かけする!と言って出て行きました。
見かけた友だち ちょっと苦手な子だと聞いていたのですが
野球をやっていたので一緒に遊びたくなったようです。
リトルに入っているわけでもなく 本格的にやりたいのでもありません。 
お父さんや友だちと 楽しくとキャッチボールをしたり 
バッターとピッチャーになったりすることがうれしい!
そうやって遊ぶことが 楽しくてしかたないようです。

テーマ : 子供の教育
ジャンル : 学校・教育

ボランティアに参加

時折 独りざんげします。

あんなこと言わなければ良かったなあ とか
しなければ良かったなあ とか 色々です。
大抵 今 しておかないと・・・これ以上先に延ばせない・・・
そう思い込んだときにしている気がします。
今日 夕方からちょっとそういう気分でした。

こういうのも 七癖(ななくせ) になりますよね。
割と気にしないほうなのですが
たまに そういう小さいドツボにはまったりします。
そうなると ひたすら ごめんなさいっ!!と念じてしまいます。
実際に「ごめんなさい」することもも しないで終わらせることもあります。
時間と共になくなる小さなかたまりのようなものです・・・
今日は すごく小さいことなので もうすぐ消えてしまいます・・・

  * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

先日 ボランティアが足りないと聞いたので 
子どもたちにパソコン操作を教える補助ボランティアに参加してみました。

初めての授業ボランティアでしたし 当たり前じゃん!という気もしますが 
子どもに呼ばれるたび 移動しては操作を教えるので
目の前の仕事のみをこなした2時間・・・全体なんて見えません。

学校の先生・・・
あの子どもたちの全体をつかんで 同じ方向へ促す、教える・・・
先生、頑張っています、学校も・・・
先生方ぎりぎりの時間配分で懸命に準備されているようでした。
喜びも楽しみもあるお仕事なんだと思いますが
毎日 大変だろうな と思いました。

ボランティアに参加するのは好きです。
授業参観では おりこうそうに おとなしくしている子どもたちの
普段の素が見えるし、実際に話もできるし、
自分の子も 他の子も 平等に見ることが出来る
ありがたい機会です。 

* winddows の 年賀状ソフトやワープロソフトが使えれば問題ないので
  もっと参加する人が増えるといいなあと思いました。

* ちょっと参加できない家の事情もあるんですが
  日程が合えば またパソコンボランティアは参加したいと思います。

 

トライアル ハーダンガー 未完成の完成

変なタイトルになりましたが
本当はすべき 中央のかがりをやらないことにしたから
このタイトルなんです(苦笑)

fairiy Needleさんにて購入のミニドイリーです。
これでも十分可愛い・・・
mini

初心者ゆえ 糸きりを失敗し、切っていけない場所も切ってしまったので
かがったら危険?ほずれる?とうい状況なので
このままで終わらせることにしました。
Fairy Needle さん ごめんなさい。

実物を見ると 切った織り糸がところどころ残っていて気になりますが
これも慣れていくと少し上達するでしょう・・・

初めてハーダンガーをやってみて 
ほんとうに糸がほずれなかったり、 糸を抜くときの楽しさがわかって
とても楽しかったです。
これ以上大きい作品は作れないと思うけど、
また機会があったら 小さい作品に挑戦したいです~。

もう一つトライアル中のコースターは只今中断しています・・・

お知らせ

いつも ブログに立ち寄ってくださる方 ありがとうございます。

虹

皆様から コメント 拍手などいただけると 励みになり嬉しいです。

最近多くなったスパム対策のためかけていた制限を
コメント承認制にしました。
コメントしていただくのに楽かなと思っています。
どうぞ お気軽にコメントなど 残してくださいね!
スムースな承認を心掛けますが
タイムラグがあることになり 申し訳ありません。

どうぞ宜しくお願いします。


繰り下がり習得 でも 授業中はできない!

先日書き込んだ「引き算の繰り下がり」マスターしました。
つまずいたときは 週末にお遊び勉強にすると 頭にすんなり入る。
つまずくたびに活用して行きたいと思っています

今日のさんすうノートを見てみたら
授業中に 教科書の問題を写し筆算をした痕跡が8問ほどあって
○と×が混在。
ちゃんと 登校前に獲得した目で見えるやり方を使った計算は ○
友だちから「変なやり方 そんなのおかしい」 と言われたので
全部頭の中でやろうとした計算は × 
途中でやりたくなくなって隣の子の答えを見て写した答えは全部○

先週は 全問○ おかしいと思って これどうしたの?と聞くと
「計算をして先生に指されて答えを言うとき 
 答が違うと 「ちがいま~す」と言われて すごくいやだ。
 遅くて出来てないのも 遅いって言われていやだ
 だから隣の子の答えを丸写しし自分では計算していない」
という状況だったので 少しは 改善。

何故 目に見えるやり方をしたがらないのか 了解しました。
何故 隣の子の答えを見てしまうのかも 分かりました。

じゃあ 今日の宿題分やってみる?と やらせてみると ちゃんと出来ている。
時間も遅くない。

お友だちの答えをみるのはちょっとやめてくれと思うけど・・・
君はこのペースで良いです・・・やり方(考え方)ちゃんと分かってるし・・・

「学校で答えたくなければ手を上げなくていいし、
 速さを みんなに合わせようとして 間違えるやり方で計算する必要もない。
 ちゃんとやり方がわかって計算をしているから 大丈夫。
 今指を使って分かるのは大事。 目で見えるようにするのが良いよ。」

とまたこの言葉の繰り返しとなってしまいました。

6年生になっても使うの?と聞かれたので
使いたい6年生は使うし もう使いたくないと思ったら使わない。
使いたいあいだは使って良いんだよ と話しました。

いやはやイマドキの早いリズムがしんどいのは分かりました。

今から 早くなんてとんでもないですから・・・
まだまだ ゆっくり考えなさい!

(6・24記事訂正)

今日のクッキー 今日のカレー

日曜日 雨の中 妹と甥が遊びにきました。
タータンの「お買い物さんすう」のときに
作ってあげると約束したクッキーを焼いている途中に到着。

焼いたのは ドライフルーツクッキー と チーズクッキー
いつものように 素朴な味・・・
クッキー
(材料) 全粒粉の強力粉 オリーブオイル 塩 砂糖少々までは 同じ
フルーツ・・は
他に ドライフルーツ(柚子ピール、プルーン) むきくるみ
水はやや大目で全体を練る感じで一体化させ
クッキー種は ぽたぽたを落として焼きます。
こうすると ちょっとカリっとするクッキーになります。

チーズ・・・は
他に とろけるチーズ、胡椒少々、粉チーズ
水は少なめで入れたら少し待つ。水がしみこんだらサクサクと混ぜて
ひとかたまりににて少しおく それから少量ずつ手にとって 丸めたものを並べて焼く。
こちらは ちょっとモチっとします。

妹は フルーツが◎ 甥は チーズが◎ でお気に入り。
早めに到着したので 昼ご飯までに 時間が沢山あって
それまでに タータンと私も交え 4人でパクパク食べてしまいました。

柚子ピールは初めて入れましたが
少量でも パンチのあるいい仕事をしてくれました。

また入れたいと思っています~

続きを読む

繰り下がりの引き算 (お買い物ごっこ風)

ブレーキを踏んでいる 繰り下がりの引き算。
金曜日に教科書通りにタイルで 説明するも 分からない!
眠くなった 疲れた  もう絶対やらないと言うので やめました。

それでも そのときにて 
「先生が(10の位の数(85 なら 8)に)線を引いて 
一つ少ない数を書いていたのは
おとなり(へ一桁の数をひくため)に貸してあげるからだって分かった」
 と言いました。

明日 お金でやってみようねと言ったものの 土曜日は何もせず

日曜日の午前中に お買い物ごっこ風にして やりました。
チョコ お金ね!

小さいチョコレートと小銭を用意。
途中足りない分は タータンが紙で小銭を作ったり、
私が クッキー交換券を作ってみたりしながら ぼちぼちと・・・
買ったチョコレートは 計算しておつりがもらえたら
すぐ食べて良いのです・・・

続きを読む

あおむし に 根負け・・・

一房だけ残して大事に育てているブドウ。
ぶどう

その鉢の周りに 先日黒い点々が落ちていた。
もしや?と思って 下からじ~っと見て・・・ あおむし3匹を発見。

昆虫が嫌いな私ですが 何故か あおむしだけは許せる。
何となく可愛いと思える。
そんな私に見つかって良かったね! あおむし!
駆除されることもなく 
しがみついているブドウの葉と共にまず虫かごへ
その後 昨年かぶと虫を飼っていた容器で飼育されることに・・・

が・・・しかし・・・翌日の朝・・・いない・・・何故・・・
きょろきょろと見回す視線の先 
ベランダの床、発泡スチロールの縁に 2体のあおむし発見。
脱走だ・・・またまた移動・・・ぶどうは困るからね・・・レタスに居てね・・・・・

しかし またその翌日・・・いない・・・何故いない・・・
ベランダを掃除・・・ ん!ベランダの排水溝ふち際に1体発見・・・
そこじゃ 助けられない!ゴメン!と思いながら  鉢植えに水をやる・・・
しばらくすると さっきまで何もなかったベランダの床を
別のあおむしくんが ブドウの鉢を目指して 移動中・・・
どこに移しても 自分のふるさとに戻ろうとするあおむし。
さきほどの あおむしは どうしたかと見ると 
すでに50センチ以上這い上がり 排水用の溝に居っている
根性があるんだなあ・・・
その後 最後の1体も ブドウの鉢目指して移動中。
すごい・・・

けなげな頑張りに負けました。
みんな一緒にブドウの木に戻って良いよ・・・

あおむしAあおむしBあおむしC

無事に大きくなって 羽ばたいてね!

クローズアップ現代を見て・・・お絵かき算数

昨晩 ビデオ録りして
 「“10歳の壁”を乗り越えろ ~考える力をどう育てるか~・」
を見ました。

学校の授業内容についていけなくなる子供の割合が高くなるのはいつか
そうした子供の親が日頃 口にしてしまう言葉のアンケートから
「早く・・・しなさい」というワードを取り上げ
速さを競われるという計算方法の弊害を取り上げて
考えるというこはどういうことなのか
”9歳あるいは10歳の壁”と言われている
具象概念から 抽象概念への移行はどうやって進めていけばよいのか
教育現場で行われている取り組みなどと紹介していました。

糸山泰造さんは 子供に速さを求めることで出てくる弊害を話していました。
100マスを使い  競わせることで速さだけを求めるようになり
子供はこういう計算方法をし 反射的な思考はできるけれど
考えることをしなくなっている 実例を見せてくれました。

これを見て 思い出しましたが 
タータンは 「算数なんて嫌い!絶対にやらない!」と言っていた頃
同じようなやり方をしていました。
20問並んでいる 一桁同士 や 20までの足し算プリントが宿題に出たとき
最初から1問ずつ計算するのではなく
全体をざっと見て  8 + 0  とか 0 + 9 という計算をやって
次に 1 + 15  とか 18 +1  
そうやって 順々に20問の計算をしていました。

単純なことを大量にこなす必要が出てくると反射的になる
ということは 自分の経験としても分かります。
そうしないと 私はやれません・・・
いちいち考えていたら終わらないですからね。

子供たちの教えあいの授業もとても興味深かったです。
227を3で割る という問題。
筆算で さっさと解いた子が
出来ない子に 「私は VVVV のところがが分からない」 と言われ
説明しようとして あれ? 説明が出来ない・・・
それを具体的に 目に見えるもので みんなが考える。そして理解する。
こういう授業が 
4年生くらいから出来たらいいのにねと思いながら見ていました。
人数が少ないからできることかもしれませんが 
うらやましいと思います。

今朝 なかなか着替えないタータンに
「お姉さん、お兄さんがお絵かき算数をしているところ見る」?と聞いて
学習塾で3年生が絵解き算数をやっている場面と
学校で友達同士で 学びあいをしている場面 を見せました。

前者は一桁の掛け算  後者は 余りのある割り算。

「ぼくも やり方知ってるよ」
 (絵を描いて算数をすることを知っているということです)
というので
「そうだね タータンは お家でこれをやっているんだよね。」
「そうだよ ぼくこれできるよ」
そう言って真剣に見てしまったので
着替えはビデをを見終わってからになりました(苦笑)

自分だけがやっている方法だと思っていたはずなので
自分よりも年上の人たちでも 
同じように絵を描いたりして算数をやっている と
見せることができて 良かったです。

指を使っていいし 絵を描いて良いんだよ~
安心したかな・・・


18日放送予定の「クローズアップ現代」 

18日木曜日NHKのクローズアップ現代で 
  ”10歳の壁”を乗り越えろ ~考える力をどう育てるか
というテーマで放送があるようです。
番組内で 「どんぐり倶楽部」 の取り組みも取り上げられるらしいです。
興味のある方がいるかもしれないと思ったので お知らせしておきます

私にとっては 一日で一番忙しい時間帯なので録画する予定。

:::::::::::::::::< 以下は、NHKのホームページから >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

“10歳の壁”を乗り越えろ ~考える力をどう育てるか~

「学力低下」問題をうけて去年、学習指導要領が改訂。算数・理科は前倒しで今年から新しいカリキュラムへの移行が始まった。授業時間も増えたが、それ以上に学習内容が全体に増加、前倒しされる。そうした中、教育現場で注目されているのが「小4の壁」という現象だ。この20年間、授業時間が削減され、学習内容も易しくなっているにも関わらず、勉強についていけなくなる児童が、9歳から10歳、つまり小学4年前後に急激に増えているのだ。原因の一つと考えられるのが「考える力」の低下。算数の場合、計算は得意でも、文章題になるとできないケースが目立つ。背景として、ドリルに依存した学習スタイルや、家庭での会話の減少によるコミュニケーション能力の遅れなどが指摘されている。各地で模索されている対策も紹介しつつ、「考える力」をどう育てればいいのかを考える。
(NO.2753)

スタジオゲスト : 佐藤 学さん
    (東京大学教授)

トライアル中 (5) ハーダンガー 織り糸を切る

織り糸を切り始めました。難しいです。
刺繍用糸切りバサミ、刺繍用反り刃ハサミ、ハーダンガー用ハサミ
どのハサミで作業しても 微妙に糸が残るのが気になります・・・
ハーダンガー 拡大

それでも ハーダンガー用の刃先が一番薄く細いので
刃先が利いて糸の残り方が少ないです。
初心者の私が 上手く出来るはずもないのですが
自己流で考えて試してみて 
キレイに糸を残さずに切るために つかんコツは
① 一本ずつ 下刃にちゃんと引っ掛けて乗せてから プチッと切る。
② 4辺の様子を見て一番糸をつかみにくいところから切る。
ということです。

お教室にいけば きちんとしたコツを伝授していただけるのだと思いますが
①にして 切る織り糸を少しだけ引っ張り上げ
テンションがかかる状態にして切ると
なんとか満足できる程度の残り方で済みます。

右の写真で  これからかがる部分(糸を抜いてある中央部分)は
ハーダンガー用のハサミを使い そうやって切っています。

ボタンホールとクロスターブロックで囲まれている部分は
最初の頃に 色々試行錯誤しつつ ソリ刃と刺繍用糸きりバサミを使い
作業をしたところです。
ボタンホールの脚になるところの糸は切りやすいですが
クロスターブロックの脚になるところは切り難く・・・
刺繍糸を切ってしまい仕方なく数箇所クロスターブロックをやり直しました。
何とか フォローのきく場所で良かったです。
次回 失敗しないように気をつけよう~

切るのは神経を使いますが 抜くのは楽しい作業です ¥(*^^*)¥

梅干を漬ける

昨年から始めた梅干作り。
去年は初回だったので 友だちとシェアして私は3キロ漬けました。
こんなにフルーティーな梅干食べたことない!と思える
美味しい梅干しがが出来たので 絶対今年も漬けようと思っていました。

毎年漬けていた ラッキョウに比べたら すごく楽。
泥は落とさなくていいし 根切りは必要ない きれいな仕事だし
時間がかかって疲れるということがないので楽。

ラッキョウは 真夏に食べたくなるだろうなと思って
去年たくさん漬けたのに 思いのほか食べなかった・・・
多分 体質が変わってきてるんだと思っています。
まだ十分あるので 今年は漬けないで済ませます。

さて 梅干!

友だちに一緒に頼んでもらい購入した 完熟梅
3LサイズB級 5キロが 土曜日に宅配便で届きました。

梅5キロ

日曜日に 荒塩を1キロ買ってきて
瓶に4キロ 陶器の入れ物に 1キロ漬けました。
漬け込み終了
20日位経って梅酢が上がるまで しばらく待ちの時間。
その後 赤紫蘇を使って 二度目の漬け込みをします。

容器を増やす決心がついたら 10キロ漬けたい。

干せる場所さえあれば 5キロも10キロも 多分20キロも
大差なく漬け込めると思います。
梅干しの この作りやすいという点が本当に素晴らしい! 
(ラッキョウじゃ そういうわけには行かない・・・)


時間の余裕  たまには褒めたい

怒ったとしても あるいは 叱ったとしても
それと同じだけ 褒めれば あるいは 励ませば 良いのではないかと
思うのですが・・・ そんなにバランス良く出来るはずもなく
叱咤の方が 確実に多い毎日です。

タータンの片付け。
親がやれば5~10分で済むはずのことに
すご~く時間がかかる。
途中 遊ぶし、なんで そういうふうに君は横道に逸れるのか?
そこで激怒する母なわけです。

昨日は いつもにましてのまったり日曜日。
午後 グラウンドで 母と野球まがいの遊びをしに出かけ 帰宅。
床には 出かける前にちらかしたままの組み立て玩具が散乱。
おやつのあと 母はご飯を作ったりの台所仕事、
タータンには 「片付けてね」 と声をかけてほっておきました。

「そうだねえ 片付ける」 と言って 始めてから1時間後。
「はあ~テレビ何やってるかなあ~」 とやってきました。

どれどれ 片付けはどうなったのだ と見に行ったら
完璧・・・きれいに片付いていました・・・

途中 断線して片付けるはずの玩具で遊んでいましたが
夕飯予定時刻まで2時間弱の余裕があり 
好きなだけ やりたいように 片づけをしてくれ!との気持ちだったので
声もかけずにやらせておいたら こんな結果。
思わず出た言葉

 「う~ん お片づけの才能があるねえ」

思いもかけないこの言葉に タータンはニンマリ誇らしげ。

前日は 母が状況判断を謝って
お絵かき算数を楽しめなかったタータン。

大事なのは 「時間の余裕をもって ことに当たらせる」 ってことだなあと
つくづく 思い知らされた週末でした。
子供のペースに合わせてばかりもいられませんが
その時々で考えつつ 時間の余裕を作れるような生活をしたいです。 

ホームスパンのパンツ (暮しの手帖27号掲載)

先日のブログに載せた「暮しの手帖27号」掲載の ホームスパンのパンツ
接着芯がなかったりして 放置されていましたが
今日 縫製して完成しました。

折り返しなくはいている写真 と 折り返してはいた写真。

ホームスパンのパンツ  ホームスパンのパンツ 折り返し2

中学校の家庭科で パジャマセットを作ったことがあれば
絶対に出来ます!

大きめなので 私がはくと お尻がブカブカですが
個人的には 気に入っています。
ワイドパンツ系が好きだから。着ていて楽だから という理由です。    

最近 一度肉がつくと落ちなくなってきました。
まずいっ!
少しお腹周りを絞って
タイトなTシャツと一緒に着たら可愛いんだろうなと妄想しています~

これから頑張ってダイエット!


(追記) 
穿いた姿を 夫チェックしてもらいました.
折り返して穿いているほうがマシだけど もたついて見える
という意見だったので ミシンで縫いとめてしまいました~
外に穿いていくのか?という疑問符付です・・・
サイズ的には 夫も穿けるゆるさ。
気が向いたら 5センチほど丈伸ばしをして
夫ホームウェアー用にも縫ってみよう~
 

父のケア 介護認定結果

4月に介護認定の申請をしていましたが
先日結果が送られてきました。

「要支援1」です。
とりあえず 公的支援は受けられるようなので
今後、妹が立ち会って ケアマネージャーさんと話をするようです。

飲むのを控えて 体調も整ってきたので気力も戻ってきて
以前のように知性的になっていますから
これから先 今の良い状態をどうやって維持していけるかを
話し合えるといいなと思います。
うちも 妹の家族も 爺が元気になってみんな喜んでいます。
要支援になったからといっても
私が 週1~2回 父の所に通うことに変わりはないのですが
気分的に ほっとしています・・・
年少児を幼稚園に送り出したあと
連日 顔出しをしている妹は この認定の肩の荷が下りたことでしょう。

これがきっかけになって
また良い方向に向かってくれることを願っています。




梅ジュース

幼稚園で 先生と一緒に作ってから
タータンが大好きなウメジュース。

昨年 爺と甥に飲ませたら やっぱり大好き。
今年も作りました。
梅ジュース
梅が4キロ 砂糖も4キロ。
今年は 近所で買いましたが 
来年はネットなどで 5キロを箱買いして
作りたいと思っています。

一晩たったら 梅の周りりにエキスが染み出していています。
一ヶ月くらいしたら きっと飲めるはず。
楽しみです~

例年漬けていたらっきょうですが 今年はやりません。
去年余り食べなかったので 
塩漬けのらっきょうがまだ残っているからです。
体質が変わったからなのかな。 最近は 梅の方が好きです。

枇杷の種を食べてみた・・・(炒る)

山かみの庭さんで 枇杷の種を使ったレシピを見つけたので
今日はそれを試してみました。

枇杷の種 何をつかって炒るか・・・フライパン?鍋?
結局 先日実家から譲り受けた無水鍋のふたを使うことにしました。

枇杷種を炒ろう

タータンの帰宅時間から逆算し
15分前位から炒り始め 帰宅したころ出来上がったのはこんな状態。
枇杷種を炒る 炒った枇杷の種

皮はちゃんとポロッとはがれます。 仁は こんな状態。焦げてますね。
皮をむいた枇杷の種

ボクが最初に食べる!と言ってタータンが味見・・


続きを読む

枇杷 好き? 種は?

私の実家の庭には枇杷の木がありました。
わたしが生まれる数年前
その家を建てたころに美味しかった枇杷の種をまいたとか
引っ越してくる前に種蒔きしたら芽を出したので持ってきて植えたとか
そんな 話だったと思うのですが
とにかく 物心ついたときには子供が登れる程度の木に育っていて
私が10代の頃には 花も咲き、実もなっていたので
この時期に 妹と二人で 樹に登ったり高バサミで切ったりして
庭の枇杷を もいで食べていました。

そんな記憶もあるので 
この時期 枇杷を目にすると つい買ってしまいます。
パパによく 本当に季節のものが好きだよね と言われますが
その通りで その時期にしか食べられないもの というのが一番好きです。
いつも見かけないし 目に楽しいというのもあるけど
タータンも そういうものが好き。
買って!ということになり おもちゃよりは親も楽しめるため
財布のひもがゆるくなります(苦笑)

長い前置きですが そんなわけで 枇杷の種がゴロゴロあります。

枇杷の種

続きを読む

素朴なおやつ 原ドーナツ ・おうちで寒天

駅前に原ドーナツのお店が出来たので
昨日 スイミングの帰りに 寄って買ってきました。
原ドーナツ 原ドーナツ

素朴な味で 甘みがおだやかです。
ちょっと もちっとした食感で この感じ うちは好きです。
モチッとする割りには お腹にもたれないので
夕食後に平気で食べられました。

チョコがけ も購入してみましたが
お品書きのとおり ビターなチョコで 大人向き。
Mドーナツなどを食べ慣れているなら 
ジャムや練乳 ハーシーのチョコスプレッドなどをかけるといいかもね。

この日 三時のおやつには お遊びデザート作りました。 

続きを読む

トライアル中 (4) ハーダンガー 布地の違い

反り刃のハサミが手元にくるまで もう一つのキットを試しています。

ハーダンガー 布の違い

土台の布が違っていて 前に使った布は コングレス。
今は ツバイガルトのハーダンガー用 22カウントの生地に刺しています。
クロスステッチでいうと アイーダ とか ジャバ目と呼ばれる布と似ていて
2本撚りの糸で 織られています。
糸が面状なため油断すると指定の穴に刺さず糸を割ってしまうので
良く見て確認しながら進めないと失敗。
昨日 ボタンホールステッチを始めたものの
横につながるコブで次の穴が隠れてしまい穴を間違えて何度も糸をほどきました。
ようやく 勘がつかめたかなというところで 写真を撮ってみました。

前に使った「コングレス」の方が初心者でも扱いやすい布です。
穴の位置がはっきり分かり ちょっと慣れれば迷わずに刺していける
本当に刺しやすい布。

完成したら 比べてみますが
ハーダンガー用の布で刺したほうが 厚みがあって
より高級感がありそうな気配。

でも 刺しているときは コングレスが楽しいです~

お弁当のはずが・・・

今朝 久しぶりに私の体調もまあまあなので良いかと思い、
「温水プールに行く?」と誘っても 「バスに乗りたくない」 と言い 
お家モードのタータン。
洗濯物がたまっている私としては それでも良いのですが
天気も良いし 少しは外で遊べ!と思う。

昨日の午後 パパと野球まがいをし 楽しそうだったので 
「お仕事が終わてからだけど おかあさんと野球する?」と聞いてみたら
「やる! やるっ~」
どうやら やってくれないに違いないと思っていたらしい。その読みも正しい。

朝ご飯をたべ、テレビを観た後は ずっとペパクライダーを作っていて 
昼近くになり 急に思い出し やろうよ!発言。更に 
「こんなに天気がいいんだから おうちじゃなくて
 お弁当を持って行って公園て食べる!」と言うので
「じゃあ先に公園に行って待っていて!
 お弁当作って公園持って行くから。}と話し
タータンだけ先に出しました。

こんなときに限って パンはなく、ご飯も朝で終わりで・・・
冷凍庫から 玄米ご飯やら あれこれ出してきて
炒飯弁当の用意をしていたら ガチャリ!とドアが開き
「暑い~ッ 暑い~ッ お弁当やめる~おうちで食べる~」
まあ 確かに暑いからなあ・・・

では・・・皿盛りで おうちランチ・・・
皿盛り炒飯

続きを読む

父のケア 白いごはん (炊きたて一膳)

元気回復途中のの父ですが 
両足のむくみが2週間続いているので 病院に行ってきました。
血圧を測り 心電図をとった結果、 高血圧気味で心臓は問題なし。
要するに筋肉の老化(心臓の弁も含む) 歩け!ということらしいです。
一応 血圧を下げる薬と尿酸値を下げる薬の処方箋が出され
一週間服用することになりました。

そんな父。
自分で調理が出来るようになってきて
普通に納豆が美味しく食べられるご飯が食べたくなった様子。
炊飯器が欲しいようなことも言っているのですが
基本は 鍋で玄米御飯と玄米粥を炊きますので
白米は 電子レンジ調理できるものにしようかと妹と話して
ギャラリー蔵もと さんで これを購入してみました。
炊きたて一膳

続きを読む

西の魔女が死んだ ★ 損料屋喜八郎始末控え

パパから回ってきた本を読み終わりました。
大体 パパが読む前に速読系の私が先に読みます。
気に入ると パパが読んだ後に もう一度 読みます。
大体そういうパターンで、
ブログに載せた本は 大方 本棚に自分の居場所を見つけます。

★ 一冊目
西の魔女が死んだ (新潮文庫)西の魔女が死んだ (新潮文庫)
(2001/07)
梨木 香歩

商品詳細を見る

父方の祖母にそっくりの おばあちゃん。
そして 私にそっくりの主人公。

登場人物でいえば 三世代の真中にあたる立場の私。
年を重ねて 自分がこの世を去る前に 
こんな魔女になれたらいいなと思います (*^^*)

★二冊目
損料屋喜八郎始末控え (文春文庫)損料屋喜八郎始末控え (文春文庫)
(2003/06)
山本 一力

商品詳細を見る

時代物はほとんど読みませんが
すごく面白くて 寝るのを惜しんで読みました。
現代的というか いつの世にもある
施政者の事情やら 市井の人間模様やら 人としての善悪やら
テーマは混在していますが
「生きる」ことは単純に善悪を付け得ないことの連続で
何事もつねに表裏一体であるという基軸が
とてもいいなと思いながら読んでいました。
賑やかで鮮やかな市井の人の暮らしや行事、
どんよりとした色を感じる談合や密会、
透き通った空のにおいを感じる武家屋敷。
多色な色使いを感じる小説でした。

トライアル中 (3) ハーダンガー フォーサイデッドステッチ

クロスターブロックの内側に
フォーサイデッドステッチ を刺しました。

フォーサイデッドステッチ

最初に針を出したところの斜め下が最後に針の入る位置になります。
そうすると 横並び や 斜め上がり なら基本通りサクサク刺せますが
斜め下がり や クロスターブロックをはさんで横に刺し進むときは 
一つのステッチの最後の目を どこにすればいいのかを考えて刺す必要があって
そこだけは少し時間をかけました。

いよいよ どきどきの糸を切る作業に入りますが
手元に反り刃のハサミがないので何処かで入手したあとで
この先に進む予定です。


初トウモロコシ & ドクダミ摘み

今日のおやつは 今年初のトウモロコシ。
とうもろこし とうもろこし

まだ美味しくないかもという思いを他所に
やわらかく 美味しい トウモロコシでした。
パパママは半分ずつ、タータンは丸ごと一本ペロリ。

トウモロコシは歯に薄皮が詰まるのでイライラするらしく
おやつのあとタータンは不機嫌。
学校から帰宅後 何となくずっとブルーなので
近所の買い物に誘い出し、そのついでに公園にも立ち寄り
気分転換を図るも 逆効果で なんだか困ったねえと思いつつ
帰る道すがら 草積みをしてきました。

今を盛りと 咲いている ドクダミ。
父方の祖父母は 7~8種類 草積みをして
自家製の薬草茶を作って 毎日飲んでいたなあとと思い出しました。

摘んで帰って干してみよう~

タータンをお誘いし、こんな香りだよ とかがせたら
へんなにおいだね~と言っていましたが
移動しながら 10本ずつ摘ませ 進んでいくうちに
気分も変わって 気持ち良く 帰宅。 薬草効果?

どくだみの花束

お父さんが嫌いなお花を積んできたよ~と言って玄関を入りました。
私は平気だけど このにおいが苦手なパパです。

私も気分転換できて ホッ (^^)¥

とりえずまとめて ベランダに干しておきました。
これから ちょっと出るたびに少しずつ摘んで干したいと思います。

トウモロコシや 薬草茶のことなど
子どものころ祖父母と過ごした夏休みを思い出す午後のひとときでした。
 

トライアル中 (2) ハーダンガー  ボタンホールステッチ

ストレートステッチ(クロスターブロック)の後
ボタンホールステッチをしていました。

ボタンホールステッチが終了した状態。
ドイリー風


ちょっと ミニドイリーらしくなってきました \(*^ ^*)\

続きを読む

パパとレゴ ロボくん

菜につくろうかなあと自分で考えてつくるのが楽しいレゴ、
タータン 今はロボ好き。
本人一番のお気に入り?「サンダーゴリラー」

サンダーコリラ

平面構成のロボを最初に造りましたが 
その後 改造して この形に落ち着きました。


パパは 懐かしの マジンガーZ
マジンガーZ

同じく 一度くみ上げたものを 2,3日後に突然改造して
満足な形に 仕上げていました。

ずっと飾っておくと 埃もたまるし 場所もとるし 困るんですが
実はこうやって考える時間があって完成するようです。

仕方ないか・・・

ペパクラらいだー 他

最近乗り物に弱いタータン 特にバスが苦手。
遠足でバスに乗り疲れたのか はたまた現地で歩き疲れたのか
ともかくも 週末外出はイヤ! というモード。

そんなわけですから・・・今週もまたお部屋で工作。
今回は ペーパークラフト。
 きゅーびっく キャラクターさんで DLさせていただき
高さ5センチほどの可愛いサイズの「ペパクラらいだー」を作りました。

土曜日に4体、日曜日に4体。

ペパクライダー

すごく疲れました(苦笑)。
それなのに まだ 今日も(月曜日)作りたいなあ~などと言って
昨晩寝たタータン。

モチロン 途中で飽きて パパと一緒にたたかいごっこを したり
粘土を作ったりしていました。

王獣と闘蛇
 「王獣と闘蛇  幼獣を闘蛇が狙っているところ 」 だそうです。

おかあさんは 粘土のお誘いのほうがうれしいな~
ペパクラは細かくて苦手です。

プロフィール

クラリス

Author:クラリス
家族みんな
美味しいものが好き
おうちご飯が大好き
作るコトが好き
どんぐり倶楽部生活中

★子どもに見せたいもの★
  満天の星空
  雨上がりの虹
  白砂に埋もれる貝殻
  熱帯魚の泳ぐさんご礁
  足元に寄ってくる小魚
  種の芽生え
  横を泳ぐイルカの目
  清流
  稲田
  老人の笑顔
  働いているパパ

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
WELCOME YISITOR
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。